Pocket

弁護士費用特約については、気軽に加入することができますが、加入した後に加入したことを忘れてしまうことが多々あります。またことを大事にしたくないので弁護士費用特約を利用しないというケースもあります。今回は弁護士費用特約の必要性やメリットについて紹介をしていきます。弁護士費用特約を付けるか検討中の方は必見です。

弁護士費用特約は必要なのか?

弁護士費用特約をでは、弁護士費用を上限300万円まで保証してくれるという保険会社が多いです。交通事故の賠償金額における弁護士費用の着手金に関しては、報酬金をあわせて80万円~90万円程度になります。中には報酬金のみで100万円を超えることもあります。

これは、交通事故裁判まで発展した場合の金額になりますので、実際はもう少し安くなるでしょう。

また、裁判所は平日の昼間しか開廷していませんので、弁護士を依頼しなければ仕事を休んで裁判所へ行く必要があります。仕事を休む手間暇やお金の問題などがあります。さらに時間と手間もかかりますので、プロの弁護士に依頼をして代理人になってもらった方がメリットはあります。

弁護士費用特約のメリット

費用を心配する必要がない

前述しましたが、着手金と報酬金で80万円~90万円程度の弁護士費用が、実際に弁護士を雇った場合かかりますが、弁護士費用特約を利用すれば300万円、法律相談費用は約10万円程度まで、自分のお金を使わずに相談をすることが可能です。

弁護士が介入することにより、賠償金も増額する可能性がありますが、増額した賠償金よりも弁護士費用が上回ってしまい、結局、損しかしなかったという悲惨な事態を防ぐことができるでしょう。

また、弁護士を雇い300万円を超えるということは、めったにないので、自腹を切る可能性は極めて低いと思われます。

弁護士に依頼することで賠償金や慰謝料が増額する

自分に過失がない事故の場合が特に顕著ですが、相手が弁護士をつけて少しでも賠償金の額を減額しようとしてきた場合、交通事故専門の法律知識を持っていない素人だけでは不利な状況です。プロの弁護士を味方につけなければ、泣きを見る可能性が非常に高くなります。

さらに、交通事故に遭い後遺症などの症状が残った場合、後遺症害等級に認定されるようなことがあれば、自賠責保険、任意保険よりも、弁護士基準で請求をした方が、100万円単位で賠償金が増額する可能性があります。

示談交渉がスムーズに進み精神的負担が軽減できる

専門的なた知識を持った弁護士に依頼することで、会社に都合のいい示談金額をばかり提示してくる保険会社よりも、自分自身が主張したいことを主張することができますので、交通事故の慰謝料に関しては増額を行なうことができるのです。

また、示談に要する時間は揉めてしまうと長くなる傾向があります。さらに、最終的には低い保険金で納得をしてしまうかもしれないという、悩みは尽きません。これらの悩みはストレスになってしまうのですが、弁護士を雇うことで示談を早く済ませることが出来ます。そのため、ストレスから解放されます。

これは、弁護士を雇うメリットの1つであるといえます。

弁護士費用特約のデメリットは?

デメリットは、弁護士費用特約に関しては特別ありません。しいてあげるのであらば、年間1,600円程度の費用が掛かるということでしょうか。また、弁護士に頼ったとしても必ずいい結果になるとは限らない点もあります。

まとめ

弁護士費用特約に関しては、高額な依頼料のかかる弁護士費用を安く抑えることができる点で、加入していて損はないでしょう。もし加入することなく弁護士へ依頼した場合、費用倒れを起こす可能性もあります。

また、弁護士へ依頼することで損害賠償額や慰謝料を増やすこともできますし、何より、精神的にストレスとなる示談交渉を早期に終わらせることが出来ます。

Pocket