Pocket

ロードサービスについては、現在、代理店型と通販型(ダイレクト型)に関係なく自動車保険に加入すれば自動付帯されるサービスになります。サービスが手厚いのは通販型(ダイレクト型)の方が優れている傾向があります。今回は、ロードサービスの選択に悩んだ場合、何を基準に選ぶべきかを紹介します。

ロードサービスの差について

ロードサービスですが、代理店型と通販型(ダイレクト型)両方の保険会社が提供をしていますが、サービス内容には差があります。

イメージ的には代理店型の方がサービスは手厚く、通販型(ダイレクト型)はいざというときのサービスに不安があると考えられる傾向があります。しかし、実際のところは通販型(ダイレクト型)の方がサービス内容は手厚い傾向があります。

たとえば、ロードサービスの1つであるレッカー移動については、代理店型よりも通販型(ダイレクト型)の方が、無料の移動距離が長い傾向があいます。近年では移動距離が無制限という保険会社が一般的ではありますが、移動距離に制限がある場合、代理店型より通販型(ダイレクト型)の方が無料の移動距離が長くなります。

また、ガス欠になった場合、代理店型は高速道路上でガス欠になったときのみ対応といった制約が付くケースがあります。

さらに、遠方で車両トラブルが発生した場合、帰宅用の交通費が支給されますが通販型(ダイレクト型)の場合、公共交通機関の利用を前提として上限なしの実費を負担する保険会社も存在します。宿泊費に関しても通販型(ダイレクト型)は宿泊費に制限を設けず緊急時に柔軟に対応をしてくれる保険会社もあります。

代理店型と通販型(ダイレクト型)のサービスの差

代理店型と通販型(ダイレクト型)のサービスの差は、縮まりってはいますが、代理店型が遅れをとっており、ロードサービスなどにおいても制限が設けられる傾向があります。

イメージ的には代理店型の方が手厚いロードサービスを提供している感じはします。ただ、通販型(ダイレクト型)は、代理店型とは異なり店舗の維持費などが不要な分、支払ってもらった自動車保険料をロードサービスの拡充に回せるというのが現状です。

より充実したロードサービスを探すのであれば、代理店型よりも「通販型(ダイレクト型)」を選択しましょう。

レッカー移動の距離から選ぶ

自動車保険料の額が同等であり、ロードサービス全般の内容もそこまで大差がない保険会社数社で悩んでいる場合1つの基準として、レッカー移動の距離があります。

保険会社が指定する修理工場までのレッカー移動距離が距離無制限で無料というのが理想的です。しかし、輸入車をはじめとした特殊車両の場合、特殊な工具などが必要になります。そのため、契約者が指定する修理工場まで50キロ~100キロ程度まで無料でレッカー移動をしてくれると安心できるでしょう。

このレッカー移動の距離が短いと遠方で事故を起こしたら、移動距離に応じて高額なレッカー代を自己負担しなければならなくなります。レッカー代は基本高いので、無料で移動できる距離が長い自動車保険にするべきです。

保険会社が指定する修理工場までは距離無制限であるものの、契約者が指定する修理工場までの距離は有限になる可能性がありますので、じっくり見比べましょう。

ライフスタイルから選ぶ

また、遠方に車でドライブに行く機会が多い方は、宿泊費と交通費のサポート体制がどのようになっているのかで、保険会社を選びましょう。

宿泊費と交通費のサポートがあったとしても、同乗者の宿泊費等は一切支給されないケースは少ないですが、同乗者の宿泊費等がどのようになるかも調べておきましょう。また、ペットと一緒にドライブする方を対象にしたロードサービスの中には、ペットのホテル代を負担する保険会社もあります。

まとめ

ロードサービスを充実させたい場合、通販型(ダイレクト型)の保険会社を選択すると、比較的手厚いロードサービスがついてきます。代理店型も手厚くはなりつつありますが、通販型(ダイレクト型)の方が現在のところ一方優位です。

また、同等の自動車保険料・ロードサービスの場合、レッカー移動の距離が長い方を選択すれば、高額なレッカー代を請求されにくくなります。

さらに、ライフスタイルにより遠方に出かける機会が多いのであれば、宿泊費・移動交通費のサポートの有無をしっかり確認しましょう。

Pocket