Pocket

time128_128自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険の足らない分を任意保険で補てんするというのが一般的なものですが、任意保険とはどのようなものか紹介をしていきます。

任意保険の範囲

任意保険の補償範囲は、相手方の身体だけではなく、自分や搭乗者の身体・車・物など多岐にわたります。
自賠責保険に関しては、相手の身体のみの補償であり、しかも上限金額が決まっています。

任意保険の主な補償内容は下記のようなものになります。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 車両保険
  • 無保険車傷害保険

対人賠償保険

自動車事故で、他人や死傷させたしまった場合の補償になります。自賠責保険などの支払い額を超える部分について、保険金が支払われます。

対人賠償保険に関しては、補償の上限がない無制限にしておくことがいいでしょう。

対物補償保険

自動車事故で、他人の車や家屋、物を壊してしまった場合に適用される補償になります。
例えば、ガードレール、信号機、電柱、店舗なども補償の対象になります。

対物補償に関しては、2,000万円から3,000万円で十分とされていますが、保険料がそこまで変わりませんので、無制限にしておくといいでしょう。

人身傷害保険

搭乗中や歩行中に自動車事故で死傷したときの補償になります。

過失割合にかかわらず、保険金額を限度によって、実損害額の保険金が支払われます。搭乗者傷害保険とは別に支払われ、車に乗っていた人の損害は、基本的に無条件に補償されます。

搭乗者傷害保険

契約の車の搭乗中の方(運転者・同乗者)が、自動車事故によって死傷したとき補償になります。

対人賠償保険、人身傷害保険とは別に基本的に無条件に補償され、支払われます。

車両保険

自動車事故で、契約している車に損害が発生した場合の補償になります。契約にもよりますが、単独事故や当て逃げも補償するタイプや、他車との接触による損害のみを補償するタイプなど、車両保険にはいくつか種類があります。

無保険車傷害保険

自動車事故で死亡、もしくは後遺障害を負ったものの、相手の車が不明、もしくは無保険車の場合などで相手から十分に補償が得られないときの補償になります。

任意保険と特約

任意保険には、補償内容をより充実させたり、補償内容を限定することによって、保険料を節約することのできる「特約」というものが存在します。この特約を利用することで、自分に最適に自動車保険を設計することが可能になります。

特約には、下記のようなものがあります。

  • 他車運転特約:他人の車を運転しているときの事故を補償する
  • 対物超過修理費用補償特約:相手の方のものの時価額を超えて損害を補償する
  • 弁護士費用等補償特約:弁護士への法律相談や訴訟に関する費用を補償する
  • 運転者限定特約:補償の対象となる運転者を限定することで保険料を抑える
  • 運転者年齢条件特約:補償の対象となる運転者の年齢を限定することで、保険料を抑える

補償を充実させる特約から、補償範囲を限定する特約など、多岐にわたります。

まとめ

任意保険は自賠責保険とは異なり、必ず入る必要はありませんが、万が一のために加入しておくと損はありません。

任意保険には、下記のような保険があります。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 車両保険
  • 無保険車傷害保険

また、特約によって、補償内容をカスタマイズすることも可能です。

Pocket