Pocket

自動車保険料は、安いに越したことはありません。そのため、保険会社が用意している割引サービスに関しては、積極的に利用してみるといいでしょう。新規で自動車保険に登録する場合でも継続的に利用する場合でも、保険会社が用意している割引サービスを利用することで、自動車保険料を安く抑えることができます。今回は保険会社が用意している一般的なサービスであるインターネット割引を紹介します。

インターネット割引

通販型(ダイレクト型)自動車保険の場合、一般的に利用できるのがインターネット割引です。ネットにつながる環境があれば誰でも利用することができるものです。割引額に関しても大きいので、積極的にインターネット割引を利用していくことをおすすめします。

インターネット割引に関しては、自動車保険の一括見積サイトなどを利用して保険会社から契約者自身が、自動車保険の見積もりをとり、契約の手続きもインターネットで行うことで、自動車保険料を割引してもらう制度になります。

インターネットを利用して自動車保険の見積もりを契約者が自分でする関係上、インターネット割引という割引制度があるのみならず、契約者が自分で補償内容を選ぶこともできますし、選んだ補償内容の自動車保険料についても詳しく尋ねることもでき、また閲覧することもできます。

自分にベストな自動車保険を自分で作り、その上で、割引を受けることができるわけです。

保険会社のメリット

インターネット割引制度は、契約者のみならず通販型(ダイレクト型)の自動車保険を販売する保険会社としてもメリットがあります。

インターネットを利用して自動車の見積もりなどをしてもらった方が、店舗で保険の見積もりを作り、保険に加入してもらうときと比較をすると、インターネットを経由して自動車保険に加入してもらった方が、コストを安く抑えることができるのです。

そのため、インターネット割引という割引プランを提供しでも、インターネットで加入をしてもらった方がいいというわけです。

インターネット割引の割引率に関して

インターネット割引の割引額や割引率に関しては、保険会社によって異なりますので、一概にこれだけ安くなると断言することができないのですが、一般的な範囲として自動車保険料を1万円程度、インターネット割引として割引く保険会社が多くなります。

ただ、インターネット割引の注意点としては、何円割引、何%割引といった数値のみをうのみにして、契約をしてしまうと実は、そこまでお得ではないということがあります。

保険料の算出方法に関しては、保険会社によって異なりますので、一見するとお得な感じがするものの実際に自動車保険料を出したら、他社より高いということもあります。また、新規契約と継続契約で割引率が異なることもありますので、表面的な数字だけを見て自動車保険を選んでしまうと損をすることもあります。

インターネット割引の注意点

インターネット割引の注意点として割引の適用条件が保険会社によって異なるという点です。前述しましたが、新規契約と継続契約とでは、割引率が異なってきます。

また、見積もりから契約までの一連の手続きをすべてインターネット上で行わないと、インターネット割引を受けられないので、このあたりは注意した方がいいでしょう。保険会社へ電話をして、そのまま契約を結んでしまっては、見積もりを作っていてもインターネット割引の対象にはなりません。

まとめ

自動車保険の見積もりサイトから自動車保険の見積もりから契約までを行なった場合、インターネット割引により、1万円程度の割引を受けることが出来ます。これは通販型(ダイレクト型)の保険会社に限ったことですが、インターネットで見積もりや契約をしてもらった方が、コストを安く抑えることができるので、保険会社としてもメリットがあります。

インターネットを利用して契約完了までしないと、インターネット割引を受けることができないので注意が必要です。

Pocket