Pocket

doctor128_128任意保険の中に、自損事故保険というものがあります。事故は相手がいるものとは限りません。そのような事故を起こしたときに、必要になる自損事故保険について紹介をしていきます。

自損事故保険とは

事故といえば、他自動車のとの事故を思いうかべると思いますが、それだけが事故ではありません。実際にドライバーの不注意によって起きる単独事故というのもあります。

例えば、カーブを曲がれずに道路の外へ転落、居眠りによってガードレールに衝突、わき見運転をして壁に接触などです。

単独事故を起こした際に、運転手や同乗者が怪我をしてしまった場合に、自損事故保険が非常に役に立ちます。

自損事故保険の効果

自損事故保険は、単独事故を起こし怪我をした際に、この自損事故保険に入っていませんと、補償金が入ってきません。

自損事故保険に入っていますと、ドライバー自身、搭乗者も補償することが出来ます。

注意しなければならないのが、自損事故保険は自分や搭乗者の怪我や死亡時に支払われる補償なので、車の修理のためには別の保険に加入している必要があります。

また、この自損事故保険を利用する際は警察への届け出が必要になります。例えばガードレールや電柱、ブロック塀などの公共物を単独事故で破損し、怪我を負って自損事故保険を利用すると、保険会社から事故証明書の提出を求められることがあります。

事故後にスムーズな対応が必要になるケースがもっぱらなので、届け出をだして早めに手に入れることの方がいいでしょう。

自損事故保険の上限

自損事故保険は、保険金額が決められています。

    • 死亡事故:1,500万円
    • 後遺障害保険金:50万円~2,000万円
    • 介護費用保険金:200万円~350万円
    • 医療保険金:6,000/入院1日あたり・4,000/通院1日あたり

このような風に決められています。

任意保険に自動付帯されるので、保険金額を変更することは不可能です。

人身傷害補償に加入していると単独事故もカバーすることができるのです。そのため自損事故は加入しなくてもいいという保険会社の数も増えています。

そのため、自損事故に加入しているのか、もし加入していないのであれば、人身傷害補償で十分な保険金額が設定されているか確認する必要というものがあるでしょう。

自損事故保険の注意点

使用しないのが一番なのですが、自損事故保険を使用してしまいますと、翌年から3等級もダウンしてしまい、保険料が大幅にアップしてしまいます。

そのために、治療費があまり必要ではない自損事故を起こした場合は、自己負担をした方が翌年以降の保険料を安く抑えることができます。

この辺は悩みどころですが、考えて利用をする必要があります。

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険

人身傷害補償保険ですが、これに加入をしていると自損事故保険と補償の範囲が同じなので、人身傷害補償保険に加入していると自損事故保険は必要ないかもしれません。

一方、搭乗者傷害保険ですが、これも似た範囲を補償するのですが、搭乗者傷害保険とは別に自損事故保険を請求することができるので、保険会社へ問い合わせるといいでしょう。

まとめ

単独事故を起こし、怪我を負ってしまったときに役に立つのが、自損事故保険です。

自損事故保険に加入していると、単独事故で怪我をしても補償がありますが、補償金は決められている上、利用をすると3等級も等級がダウンするので翌年の保険料が高くなります。

この辺を考えると、同じ領域を補償してくれる人身傷害補償保険の方がメリットはあります。

Pocket