Pocket

自転車は自動車よりも便利に利用することができますが、その分、事故に遭う可能性が極めて高い乗り物です。しかも、事故に遭った場合は高い確率で怪我をしてしまいますが、保険などはありませんので、その結果として、治療費などを自腹で支払う必要が出てきてしまいます。そのようなときに自動車保険の特約の1つである「自転車傷害特約」は便利な特約です。

自転車傷害特約

自転車傷害特約というのは、自動車保険に自動的についてくることもあるのですが、あまりなじみ深くない特約であるといえます。その理由として、ほとんどの自動車保険には、自転車傷害特約という名称の特約というのはついていません。

自転車傷害特約が付いてないので、自転車事故が保障されない、というわけではなく、他の特約の保証の範囲の中に、自転車事故による傷害が含まれるケースの方が多いからです。

一般的に、自転車傷害特約は、自転車事故による被保険者がこうむったケガ、死亡、後遺傷害に対する治療費や入院費用を補償する特約です。注意点として通院費用は補償されて無い点です。

補償される人の範囲については、自動車保険と同じように、記名被保険者、家族、および別居している未婚の子供です。

どのようなことが補償されるのか

自転車傷害特約で補償されるものは、自分で自転車を自転車走行中に転倒、走行中に他人の乗った自転車とぶつかりケガをさせられた場合の両方が補償されます。ただし、ケガにより死亡した場合、後遺障害を負ったなどして入院しなければ補償はされません。

また、自転車、自転車事故で壊したものや、相手の身体への損害というものは補償されません。

補償される金額

補償される金額については、下記の通りです。

  • 死亡をしたら500万円
  • 後遺障害の程度に応じ20万円~500万円
  • 入院5日以上で500円
  • 入院1日につき5,000

あわせて加入すると安心な個人賠償責任保険

自転車傷害特約の補償は、自転車事故に関する最低限の補償であると考えた方がいいでしょう。もし、保険金を上げたり、相手への損害を補償するのであれば、人身傷害保険や個人賠償責任特約に別途入る加入する必要があります。

自転車傷害特約がある保険会社は、相手への損害を補償する、個人賠償責任特約の同時加入を勧めるのが一般的です。個人賠償責任特約ならば、保険金を無制限に設定することができ、保険会社が相手との示談交渉も代行してくれます。個人賠償責任特約に関しては、補償の範囲が広く、保険金額の大きくなります。

また、人身傷害保険に関して、自転車事故も補償するところが多く、特約を付けていない自転車事故を補償範囲としない場合もあります。人身傷害保険に関しては補償の範囲が広い上に、保険金額も自由に設定することができるので、自転車傷害特約よりも大きな補償を受けることも可能になります。

まとめ

自転車の運転中に怪我をした、自転車に乗っていた人にひかれて怪我をしたときに補償をしれくれるのが、自転車傷害特約です。

  • 死亡をしたら500万円
  • 後遺障害の程度に応じ20万円~500万円
  • 入院5日以上で500円
  • 入院1日につき5,000

このような補償がありますが、これら補償を得るためには入院をしなければなりません。通院ではこれらの補償を得ることができないので、注意をしましょう。

Pocket