Pocket

自転車事故を起こした際と遭った際には、使われる自動車保険との特約が異なります。すなわち、自転車傷害特約と個人賠償特約の違いになるのですが、この2つの特約は2つ一緒に加入することを強く勧められる特約です。今回は、補償対象や内容の違いを紹介していきます。

自転車傷害特約の補償の対象

まず、自転車傷害補償特約の対象は契約者です。契約者が自転車に乗っていて転倒をした、自転車事故に巻き込まれて怪我をして、死亡、もしくは入院をした場合に補償金がおります。

死亡、後遺障害、そして入院に関しては補償の対象なのですが、怪我をして通院をしながら治した場合は補償の対象外になりますので、勘違いしないようにしましょう。入院をしなければ、補償はありません。

また、自転車傷害特約の範囲ですが、これは自動車保険の主な運転者に加え、主ない運転者の家族も補償の範囲になります。この家族は下記の通りです。

  • 運転者の配偶者
  • 運転者または配偶者の同居の親族
  • 主な運転者または配偶者の別居の未婚の子供

繰り返しになりますが、この自転車傷害特約は、自転車を運転している自分がケガをした場合、補償する特約です。被害者になった場合であり、加害者になった場合は自転車傷害特約は使えません。

個人賠償責任特約は加害者となったときに使える

加害者となったときに使える特約が、この個人賠償責任特約です。これは、自分が自転車に乗っていて、他人を死傷させてしまったり、他人の財産に損害を与えたときに利用することができる特約です。

個人賠償責任特約は、自動車保険の付帯のサービスであり、自動車事故を除く日常生活をおくるうえで偶発的に起きる事故で、自動車保険の主な運転者とその家族が、他人を死傷させてしまったり、他人の財産に損害を与えてしまったときに法律上の損害賠償責任を補償してくれます。

そのため、例えば自転車に乗っていて見知らぬ人にぶつかってしまい、相手に怪我をさせてしまったときの賠償はもちろんですが、ペットの犬が他人を襲ってケガさせてしまった場合の賠償もします。さらに、マンションで洗濯機が壊れてしまい、階下を水浸しにしてしまった場合の賠償も、個人賠償責任特約により補償することが出来ます。

自転車保険

少し、余談になりますが、自転車事故を想定した保険というのはあります。それが自転車保険です。この自転車保険に加入していると、自転車に乗っていて相手を怪我させてしまったり、他人の所有物に損害を与えてしまったとき、または自分がケガをしてしまったりした場合、それらの損害を補償してくれます。自転車保険は、自転車走行中の損害をひととおり補うことが出来ます。

ただ、個人賠償責任特約に加入している場合、補償が重複しますので、車に乗っていないけれど、自転車には頻繁に乗るという方向けの保険です。個人賠償責任特約、自転車傷害特約に加入していれば、新規で加入する意味のない保険です。

まとめ

通常、自動車保険の特約として、自転車傷害特約に加入をするのであれば、個人賠償責任特約の方にも加入するように、保険会社からはすすめられます。これは、自転車事故を想定するにあたり、この2つの特約に加入することで、万全の補償を受けることができるからです。

しかし、日ごろから自転車に乗らない、もっぱら自動車での移動がメインなら自転車傷害特約に加入しなくても、個人賠償責任特約には加入をしておいた方がいいでしょう。広い範囲で法的賠償を補償してくれます。

また、車に乗らず自転車に乗るのであれば、自転車保険というものがありますので、おすすめです。車に乗るのであれば、自転車保険に加入するメリットはあまりありませんので、自転車しか乗らない人だけ検討してください。

Pocket