Pocket

自動車保険を選択するときに、ロードサービスの充実度は選択対象の1つといえます。では、そもそも、民間のロードサービスと保険会社のロードサービスはどのような点が異なるのでしょうか。

民間のロードサービス会社と何が違うのか?

現在、自動車保険へ加入すれば付帯して自動車保険会社が提供するロードサービスを受けることができます。以前は、車両保険に加入したうえで申込まなければ自動車保険会社のロードサービスを受けることができませんでした。そのため、現在でもロードサービスといえばJAFと考える方が多いでしょう。また、民間のロードサービスというのもあり、そこと独自に契約するというケースもありました。

現在は、自動車保険会社の任意保険に加入することで、年会費・利用料などの負担なくロードサービスを受けることができます。そのため、わざわざ民間のロードサービスに加入する必要性はありません。

必要がありませんが、保険会社によっては民間のロードサービス会社と契約を結んでいるとレッカー移動の距離を長くしたり、チェーンの着脱のサービスをしてくれたりとサービス内容が充実することもあります。そのため、わざわざ民間のロードサービスと契約する必要はないものの、契約をすることでいくつかのメリットがあるということです。

サービスの範囲が異なる

民間のロードサービスの場合、契約をしている会員に対してロードサービスを有効にしています。そのため、1人で複数の車両を運転するという方の場合は非常にメリットがあります。つまり、会員が運転している車になんらかのトラブルが発生したときには、民間のロードサービスがやってきてくれます。

対して、自動車保険会社のロードサービスについては、契約車両(被保険自動車)に限定されます。つまり、契約している車になんらかのトラブルが発生したら、ロードサービスを手配してくれますが、契約していない車であればロードサービスを手配してくれません。

この2つを比較すると、民間のロードサービスの方がロードサービスの有効範囲が広くなり、便利であることがわかります。

民間ロードサービスと自動車保険会社のロードサービスのサービスの差

民間のロードサービスは会社でもっとも有名なのはJAFです。つまり、一般社団法人日本自動車連盟のことです。年間4000円を支払うことでJAFの個人会員になることが可能です。個人会員になることで、自動車の牽引、キー閉じ込め、バッテリー上がり、落輪、落ち込み、パンク、燃料切れといったトラブルに対応をしえくれます。非会員であっても連絡をすると有償で、ロードサービスを受けることができるでしょう。

JAFと自動車保険会社のロードサービスを比較した場合、サービスの対応、拠点数、無償レッカー移動距離、ガス欠時のガソリン補給量などでしょうか。自動車保険会社の規模にもよりますが、JAFよりも拠点数、無償レッカー移動距離、ガス欠時のガソリン補給量が多くなります。

まとめ

ロードサービスは、民間のロードサービスと自動車保険会社のロードサービスの2種類があります。自動車保険会社のロードサービスに加入しておけば、わざわざ民間のロードサービスと契約をする必要はないのですが、民間のロードサービスと契約をすることで自動車保険会社のロードサービスの内容が充実することがあります。

民間のロードサービスの方が、ロードサービスの有効範囲が広くて便利であるといえます。

ロードサービスが必要なトラブルを考えてまで自動車保険を選ぶのであれば、契約を検討している自動車保険会社のロードサービス内容の確認が重要です。

Pocket