Pocket

tenbin128_128車両保険は自分の車が壊れた、落書きをされた、盗まれた、災害にあって壊れたなどの損害が生じたときに、その損害を補償してくれる保険です。この車両保険に加入する際に「免責金額」というものを定めなければならないのですが、これはどのようなものか、今回紹介をします。

免責金額とは

車両保険に加入する際に定める、面積金額というものがあります。

これは、車両保険金額のうちに契約者本人が自費で負担する金額のことです。つまり、修理代をどのくらい自己負担するかということです。

例えば、免責金額を10万円として、何かしらの損害が生じ100万円の修理代がかかったら、10万円は自己負担をして残りの90万円が保険金として受け取ることが出来るというものです。

つまり、自己負担額をどこまでだったら賄うことができるか、許容することが出来るかを、この免責金額にて選ぶ形になります。

免責金額の決め方のポイント

車両保険の免責金額は、保険料に影響があります。

免責金額を高額にするといざ何かしらの損害が車にあったときには、自己負担額が高額になりますが、その分、保険料を低く抑えることが出来ます。保険料を節約したいという方は、免責金額を高めに設定することで、保険料の節約をすることが出来るのです。

一般的に保険会社の場合、「1回目の事故の際には免責金額を5万円、2回目以降は免責金額を10万円」と設定するようです。

これは保険会社によって様々なサービスがありますので、例えば、「1回目の免責金額を10万円、2回目以降も免責金額を10万円」、「1回目の免責金額を0円、2回目以降は免責金額を10万円」といったように、様々な組み合わせが用意されています。

保険料が高額になってもいいから、絶対に自分では修理代金を出したくないという人の場合は「1回目の免責金額を0円、2回目以降の免責金額を0円」とすると、保険料は高額にはなりますが、保険金にて修理をすることが出来ます。

免責ゼロ特約について

車両保険を扱う場合、免責ゼロ特約というものがあります。車両事故免責金額ゼロ特約の正式名称の方がイメージしやすいかもしれません。

この免責ゼロ特約とは、車両保険の免責金額を0円に設定する特約です。

つまり、1回目の事故で相手方の車を確認することが出来た場合において、1回目の免責金額が0円となります。また、保険会社によっては1回目の免責金額が5万円の場合に限り、自己負担をなしにするというものとなります。

この免責ゼロ特約に加入していることで、1回目の事故で免責金額を5万円としていても、特約によって5万円を支払ってもらえるわけです。

全損の場合、免責金額は関係なし

この免責金額が有効になるのは、例えば、バンパーの一部がへこんでしまったとか、ドアに傷がついてしまったとか、一部分の修理が必要ないわゆる分損というものに限った場合です。

部分的な修理をする際に、車両保険を利用すると免責金額が関係してくるのですが、全損事故に遭ってしまった場合、もしくは盗難されてしまった場合、この免責金額というのは発生しません。

自己負担額なしで、保険金額が支払われます。

ちなみに、分損に関してですが、修理可能な状態で、修理費が時価額または保険価格を下回るものを分損と言います。

まとめ

車両保険で保険料を節約するために、免責金額というものがあります。つまり、修理代の自己負担額を決めるというものです。

免責金額を10万円にすれば、いざ修理をする際に自分で10万円を支払うことになります。そして、10万円では賄いきれなかった分を車両保険から保険金として支払われます。

また、これには免責ゼロ特約というものがあり、1回目の事故の場合、例えば5万円以内なら保険金で支払ってくれるというものです。

そして、免責金額は全損した場合は免責金額に関係なく、保険金が支払われます。

Pocket