Pocket

自動車保険の割引制度を上手に利用することで、自動車保険料を安く抑えることが出来ます。そして、補償内容や条件を変更したりせずに自動車保険料を抑える方法というのがあります。それが証券不発行割引です。今回はこの証券不発行割引について紹介をしていきます。

証券不発行割引とは?

自動車保険を契約した場合、通常は保険証券というものが保険会社から送られてきます。

この保険証券を発行しなくていいから、保険料を安く抑えてください、というものが証券不発行割引になります。近年では、資源を大切にするという観点から領収書などを発行しないで、その分、ポイントを付けたり、割引をしたりするサービスがありますが、証券不発行割引はまさにそのようなサービスなのです。

証券不発行割引を行なっている保険会社というのは、通販型(ダイレクト型)自動車保険の保険会社に多くみられますが、この証券不発行割引というのは通販型(ダイレクト型)自動車保険の保険会社にもメリットがあり、保険証券を発行しないことで、その分のコストダウンにもつながりますので、このような割引があるのです。

証券不発行割引の割引額に関して

証券不発行割引の割引額に関してですが、保険料を500円程度割引するというのが多いようです。

500円程度とそこまで、劇的な割引額というわけではないのですが、高いよりは安いに越したことはありませんので、証券不発行割引を検討してみてはいかがでしょうか。

証券不発行割引の疑問点

証券不発行割引を受ける場合、保険証券が手元にはない状態となります。保険証券がないと保険金を請求することができないと勘違いするかもしれませんが、保険証券が無くても保険は適用されます。

保険証券というのは、契約が無事に成立しましたということを伝えるためのものであり、この保険証券がなかったとしても、事故を起こした場合、きちんと保険金を得ることはできます。

保険証券が手元にないので、保険契約をすぐに確認することができないだけであり、通販型(ダイレクト型)自動車保険会社のホームページにある、「マイページ」などから、保険契約の内容を確認することが出来ます。

また、証券不発行割引を利用すると、保険証券と約款等の書類は郵送されませんが、保険の契約が成立したことを伝える、通知のハガキというのが届きますので、正しく自動車保険に加入できたのかを確認することができますので、安心してください。

プリントアウトをしておけば、問題なし

しかしながら、いざ事故を起こした場合、混乱をしてしまい、マイページなどを悠長に確認することができないと思いますので、事前にマイページの内容をプリントアウトしておいて、車の中にとっておけば、いざ事故に遭った場合、もしくは起こした場合でも問題なく対応することが出来ます。

ただ、基本的には下記のものさえメモしておけば問題はないでしょう。

  • 証券番号
  • 保険会社の事故対応窓口の電話番号

この2点さえあれば、事故に遭った場合でも問題なく対処することができるでしょう。証券番号などは、契約時に保険会社から送られてくるメールなどに記載されていますので、わかりやすい場所にメモして控えておきましょう。

まとめ

保険証券不発行割引制度というものがあります。保険の契約を結んだ場合に送られてくる保険証券の発行をしないことで、500円程度割引を受けることが出来ます。

保険の内容に関しては、各保険会社のマイページなどから確認することができますし、いざ、事故に巻き込まれた場合でも、下記の2点が解れば、問題はありません。

  • 証券番号
  • 保険会社の事故対応窓口の電話番号

この2点さえわかっていれば、保険証券がなくても困ることはありません。

Pocket