Pocket

自動車保険の保険料に不満がある場合、まずは保険会社の見直しをします。通販型(ダイレクト型)の方が自動車保険は安くなります。それでも、まだ保険料が高いと思う場合、運転者の限定、車両保険のグレードを見直します。ここで、車両保険の免責金額を見直すことで、自動車保険料を安く抑えることができる可能性があります。

自動車保険料を抑えるコツ

自動車保険料を抑えるためには、保険の補償のグレードを落とすのがもっとも効率よく自動車保険料を抑えることができます。しかし、対物賠償、対人賠償、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険のグレードを落としてはいけません。対人賠償などは上限なしなどにしておきませんと、いざというとき本当に損をしますし、人生設計が完全に狂います。

そのため、グレードを落とすことができるのは車両保険になります。車両保険については、自分の車両に起きた損害を補償するものですから、削っても人生が狂うということはまずありません。

車両保険の免責金額を選ぶ

この免責金額というのは、例えば「免責5-10万円」といったものです。1回目の事故のときに5万円を自己負担、2回目のときの自己負担が10万円となります。

この免責金額については、下記のようなプランがあります。

  • 免責ゼロ特約:1回目の事故の免責金額を0円にする
  • 免責5-10:1回目の事故5万円、2回目の事故10万円
  • 免責10-10:1回目の事故10万円、2回目の事故10万円
  • 免責15-15:1回目の事故15万円、2回目の事故15万円

下に行くほどグレードが下がります。しかし、例えば、免責5-10を免責10-10にするだけでも自動車保険料は5,000円以上安くなります。

車両保険の免責の罠

この車両保険の免責金額に関してですが、例えば、車同士で事故を起こした場合、1回の事故5万円にしていて、修理金額が50万円かかるのであれば、保険会社から45万円支払われます。

この例文のみをみれば、50万円が5万円だけになりますので、非常にお得なような気がします。ただ、車同士の事故で車両保険が必要になるということは滅多にありません。過失割合が100:0のときくらいしか、車両保険の免責金額を負担することはありません。

たとえば、車同士での事故の場合、自分の過失割合が大きいとしても、事故を起こした相手からの損害賠償金というのが入ってきます。そして、その損害賠償金が免責金額よりも多ければ、自己負担は0円になります。

少額の保険金請求が逆に損

また、免責金額について、1回の事故を5万円に設定していて、修理代金が6万であれば、保険会社に車両保険を請求すると1万円がお得になります。

ただし、車両保険は利用すると等級が必ず3等級ダウンします。つまり、どんなに修理費用が安くても車両保険を利用した場合、3等級ダウンします。当然ですが、元の等級に戻るまで4年間必要であり、その間は、事故有係数として自動車保険料は高くなります。

免責金額を免ゼロ特約にして免責金額をゼロにしていると、ついつい頼ってしまい、結果的に自動車保険料を損する可能性があります。そのため、自動車保険料を節約したいのであれば、ある程度の自腹を覚悟して免責金額を高めに設定しておくと、自動車保険料の節約につながります。

まとめ

自動車保険料を節約するためには、車両保険のグレードを下げるというのが有効な手段です。特に車両保険の免責金額に関しては、車同士の事故の場合、修理費の自腹を切るというケースはまずありません。相手からの損害賠償金が入りますので、過失が100%でもない限りは免責金額を気にする必要はないでしょう。

また、免責金額を免ゼロ特約にしていると小さな事故であっても利用してしまうと、3等級ダウンしますので、結果的に自動車保険料を損することに繋がります。

Pocket