Pocket

自動車保険については、掛け捨てになりますので、いかにして保険料を抑えるのかということが何より重要になります。保険料を抑えるためにいろいろと制限などをくわえているのに全く保険料が安くならないという場合は自動車保険会社との相性がよくないのかもしれません。自動車保険については保険会社との相性が重要になります。今回は保険会社の選び方をみていきましょう。

保険料の仕組みについて

まずは、保険料の仕組みについて説明をします。保険は相互扶助が原則です。つまり、多くの人がお金を出し合い、被害に遭った人のお金を補償するというものです。相互扶助が原則ですから、事故を起こす確率が高い人、実際に事故を起こした経験がある人が他の人と同じ額の保険料を支払うと不公平になりますので、等級や事故係数などによって、契約者間の不公平をなくすようなシステムとなっています。

そして、我々が支払う保険料の内訳というのは「純保険料」と「付加保険料」に分けることができます。純保険料は事故に遭ったときのために支払われる保険料に充当される分のお金です。

付加保険料というのは、代理店の手数料や社員の給与などに充てられるものです。この付加保険料がなければ保険業を継続することができないので、これは必要なコストです。

通販型(ダイレクト型)と代理店型の保険会社

保険会社は通販型(ダイレクト型)と代理店型の保険会社があります。もし、現在、代理店型の保険会社で自動車保険契約を結んでいて高いと感じるのであれば、通販型(ダイレクト型)の保険会社との相性がいいかもしれません。

この理由として、代理店型は前項で説明した付加保険料が通販型(ダイレクト型)と比較をすると高いのです。通販型(ダイレクト型)はネットで申し込みをして契約をするものですから、代理店型のように店舗を構える必要がありません。そのため単純に人件費のみ分だけ付加保険料が発生します。代理店型は人件費に店舗維持費や手数料などが上乗せされますので、その分高くなります。

代理店型に加入していて自動車保険料に不満があるのであれば、インターネットの一括見積などを利用して通販型(ダイレクト型)自動車保険の保険料を一度確認してみることをおすすめします。

どちらが自分と相性がいいのか?

周りに自動車保険について相談をする相手がいない場合、自分で補償内容を組み立てる通販型(ダイレクト型)では、不備がある可能性が出てきます。また、ドライブテクニックに自信がない、車が生活をする上で必ず必要であるという場合は代理店型を利用してもいいのかもしれません。

代理店型の方が手続きの代行をしてくれますので、この手続きを自分でするのが面倒くさい、時間が無い場合も代理店型の方がいいでしょう。更新時期に間に合わず等級が消滅するのが一番よろしくありません。

つまり、自分で手続きをすることが多くなっても自動車保険料を安くしたいなら通販型(ダイレクト型)、自分で自動車保険の手続きする自信が無い場合は代理店型です。

まとめ

自動車保険料の内訳は「純保険料」と「付加保険料」に分けることができます。純保険料が自動車事故にあった際に補償に充てるも保険金です。そして、付加保険料は保険会社が継続して営業をするための必要コストです。

「通販型(ダイレクト型)」の方が付加保険料は安く「代理店型」の方が付加保険料は高くなります。

現在、代理店型の自動車保険に加入していて自動車保険料に不満があるのなら、通販型(ダイレクト型)の一括見積を利用してみると自動車保険料を付加保険料分安く抑えることができます。

ただし、自動車保険の基礎知識が無い場合、自分で組み立てる通販型(ダイレクト型)では不備が出る可能性が否定できません。知識が無い場合は代理店型の方が無難です。知識があり、なおかつ手間が少しかかってでも自動車保険料を安くしたいのであれば通販型(ダイレクト型)を選ぶといいでしょう。

Pocket